広大な大地、様々な人種、宗教、民族、言語が混在し、北はヒマラヤ山脈から南はインド洋、西はアラビア海、西はベンガル湾に面した大きくて深くて摩訶不思議な国インド。
そんなインドの南にある小さな村の工房で、Amarma Ayurvedaのアーユルヴェーダ石鹸は作られています。
かつてのフランスの植民地、西洋とアジアの文化が混じりあう、独特の美しさをもつポンディチャリー。豊かな自然と美しい海に面したこの街の近くの村の工房で90日をかけ、昔から受け継がれてきたコールド製法によって、アーユルヴェーダ石けんが誕生します。

工房にはちょっと恥ずかしがりやの女性スタッフが常駐し、ある時にはマントラを唱えながらゆっくりとした時間の流れのなかで石鹸作りや植物の採取をしています。
原材料は世界最高峰のヒマラヤ山脈の麓や南インドの高地に自生しているオーガニック・アーユルヴェーダハーブと自然農法で育成された植物、そして一番搾りのハイグレードなオイルのみ。
ジャスミンはいちばん香りたかい月夜に摘んで華やかなアロマと自然の成分を朝に閉じ込め、ホーリーバジルはオイルに浸して鮮やかな色とエッセンスを溶け込ませる。
枝、根、葉、全てに薬効があり、国連が「今世紀最大の贈り物」とまで絶賛したニームは枝のパウダーと、オイルをたっぷりと練りこみました。
すべて同じ処方ではそれぞれの力を最大にひきだすことはできません。
大自然で育つハーブには有効成分が多く含まれており、採取・精製はそれぞれのハーブにいちばんふさわしいかたちで、一つ一つ丁寧な手作業によって行われています。ミシュラ京子オリジナルレシピ、アーユルヴェーダハーブとオイルの絶妙な配合バランスが優れた泡立ち、洗浄力、保湿力を最大限に発揮してくれます。

南インドの農村地域に暮らす女性に雇用の機会を提供する事、小規模農家や手工芸職人に継続的な仕事をつくる事、農薬や化学肥料に頼らない自然農法や生産地で採れる自然素材と伝統技術を活かした生産をする事により、適正な価格で商品取引を継続することによって持続的な生活向上を支えること、またアーユルヴェーダ文化の伝承に貢献することでお互いが成長できる「フェアトレード」を目指しています。

About the owner

ミシュラ京子

6月に入り真夏を感じるような強い陽射しの毎日ですね。春と秋がすっかり短くなって夏と冬が長くなった気がするのは私だけでしょうか?そして6月といえば「梅雨」が訪れます。毎年行ってみたいと思いながら一度も行けていなかった鎌倉の長谷寺に今年こそは行ってみたいなあと思っています。そしてインドではモンスーン時期になるとなぜか揚げ物のお惣菜を食べる習慣があり(我が家だけかもしれませんが)雨音を聞きながらサモサをかじってチャイを飲む、体重増加に気をつけながらのんびりしたいなあと思います。

Top