サフランソープ

販売価格 2,000円(税込2,160円)
購入数



アーユルヴェーダでは、サフランは「愛と献身と慈悲」のエネルギーを与えるといわれています。
サフラン(めしべ)は番紅花(ばんこうか、蕃紅花とも書く)と呼ばれ、紀元前からヨーロッパやアジア、中近東では香料・染料として利用され、大変貴重で高価な香辛料として重宝されてきました。そんなサフランをふんだんに使って作ったサフラン石鹸はきめの細かい泡でお肌の若返りを助けてくれます。
顔・髪・体にお使いいただけます。

→「石けん」工房 製作風景

★こんな方におすすめ★

・年齢を重ねたお肌・くすみ肌
・張りとつやを取り戻したいお肌にお勧め

香り
高貴でほのかなサフランの香り
ハーブの効能
女性ホルモンのバランスを整えアンチエイジング作用としてお肌の若返り、くすみを取除く作用があると言われています。
全成分
石けん素地[ヤシ油(ココナッツ油)、パーム油、ゴマ油、ひまし油]水、サフラン花弁
サイズ
約6.5cm×約4.5cm×約2cm(実寸)
重量 約75g
使い方
‐量の水またはお湯を加え、よく泡立てます。
△笋気靴なでるように洗い、よくすすぎます。
使用上の注意
お肌に合わない場合はご使用をお止め下さい。
高温保湿、直射日光を避け、水気をよく切って保管してください。
乳幼児の手の届かない所へ保管してください。
手作りのため、一つ一つ色・形が違う場合がございます。

おすすめ商品


ラベンダーソープ

914円(税込987円)


ジャスミンソープ

914円(税込987円)


ターメリックソープ

914円(税込987円)


サンダルウッドソープ

1,200円(税込1,296円)


ニームソープ

1,200円(税込1,296円)


About the owner

ミシュラ京子

6月に入り真夏を感じるような強い陽射しの毎日ですね。春と秋がすっかり短くなって夏と冬が長くなった気がするのは私だけでしょうか?そして6月といえば「梅雨」が訪れます。毎年行ってみたいと思いながら一度も行けていなかった鎌倉の長谷寺に今年こそは行ってみたいなあと思っています。そしてインドではモンスーン時期になるとなぜか揚げ物のお惣菜を食べる習慣があり(我が家だけかもしれませんが)雨音を聞きながらサモサをかじってチャイを飲む、体重増加に気をつけながらのんびりしたいなあと思います。

Top